せふれを作る前の知識と準備

せふれってどんな関係?

そもそもせふれってどんな関係でしょうか

せふれの正式名称はセックスフレンドといい、セックスが目的で交際している男女関係を指す俗語です。恋人として付き合うのではなく、主にセックスだけの付き合いとしてのパートナーのことをせふれと言います。

せふれというのをお互いが認識している場合と、男女どちらかは真剣に交際していると思っているがもう片方はセックスだけの関係と認識している場合があります。

前者のお互いがせふれとして認識して付き合っている場合はとくに問題ありませんが、片方は真剣に付き合っていると思っているのにセフレ扱いにされていると思うと非常に悲しいですよね。この場合トラブルになりかねませんので、せふれとして交際する場合ははじめからセフレとしてお互いが認識しておくことをおすすめします。

また、せふれとして付き合う場合は、恋愛に発展することも稀にありますが、お互いどちらかが好きになった場合は、ヤキモチからトラブルになりかねませんので、必ず両者で話し合ってから付き合うことが大事です。

せふれは割り切った関係ですので、別れる時も後腐れなく円満に別れるようにお互いでルールを決めておきましょう。

せふれ関係の相手探しはどこで?

せふれの相手は主に出会い系などネットを使って探します。もともとの友達、あるいは元カノ、元彼からセフレになるということもありますが、身近な友達をせふれにするといろいろ面倒くさいこともあるので、セフレ関係を募集するなら無料掲示板などの出会い系サイトがおすすめです。

最近ではline掲示板なども賑わっているのですが、line掲示板は誰でも自由に書き込みできるため、サクラや暇つぶしで書き込みしている方が多いので成功率が低いです。

出会い系サイトの場合、あらかじめアダルト掲示板というようにカテゴリが分類されているので、せふれを探す男女が利用しているのでスムーズに出逢うことができます。

せふれ関係の相手を探して出会うことを考えたら最初から出会い系サイトを選んだほうが利口です。

せふれにふさわしい条件

せふれはセックスだけの付き合いですので、それを知られたくない方もいます。なかにはせふれがいることを自慢したがる方もいますがそんな人は男性からも女性からも好かれません。せふれにしてもいいという条件は、男性も女性も口が堅い人、そしてお互いの約束を守れる人がいいでしょう。
せふれを欲しがる方のなかには、既婚者、人妻、学生、公務員、社長さんいろいろな方がいます。お互いの素性をベラベラ喋られると困ります。絶対にせふれ関係を口外してはいけません。それがせふれとして付き合うときの最低限のルールですので気をつけましょう。

せふれ良い出逢いをするために

欠点が一つもない人間なんて、この世のどこにもいません。
それは当たり前のことで、少なくともある程度の人間になったら誰もが気付きます。
むしろ、欠点が一つもない人間というのがもしいたら、それはそれで気持ち悪いですし、自分で自分のことを「俺は欠点なんて一つもない、完璧な人間だ」とか思ってたら、それはそれで気持ちが悪いです。
その人は多分バカです。

また、欠点というのは、感じ方も人それぞれです。
よく言われることですが、欠点とは誰にとっても長所の裏返しみたいなものです。
どういうことかといいますと、例えば人前でお話をするのが上手な人がいるとしますよね、
話術が巧みで、誰とでも話すことができて、話の内容がけっこうおもしろいので誰にでも好かれるというタイプ。
男性にも女性にもいます。

話術が巧みであるというのは確かに長所であり、そのことを人からも羨まれることが多いかもしれません。
しかし、どんな長所についても言えることですが、ちょっと裏返せば短所になってしまうものなのです。
例えば、いくら話術が巧みだと言っても、まずは他人の話を聞く力に長けていなければ、なかなか好かれることはありません。
むしろ、自分の話ばかりしている男性というのは嫌われるものです。
同性同士でも印象が悪くなりますが、相手が女性なら特にそうかもしれません。

とにかくたくさんしゃべってくれる男性が好きだ、という女性もいるのですが、やはりそれは少数派です。
一度くらいは、彼女の前でしゃべりすぎて失敗したという男性も多いのではないでしょうか。
私にもそういう経験がありますよ。
また、女性に嫌われる時というのは本当に突然で、別れ話を切り出された時に、どうして自分は結局嫌われてしまったのかということが分からないということもよくあるんです。
あなたのそういうところが好きじゃないというふうにはっきり言ってくれる女の子ばっかりだったらいいのですが、そういう女の子ってどっちかというと少数派です。
しかも、自分の欠点をはっきり教えてもらえるということは、その女の子には好かれている可能性が高いのです。
それほど深い関係でもない場合は、男性の方から聞きだそうとしたって、女の子の側は特になにも答えてくれません。
だから、もし自分の欠点をストレートに指摘してくれる女の子がいた場合は、その子との関係をちょっと大事にした方が良いかもしれません。
屁理屈みたいなことを言えば、大事にしなくてもいいせふれ関係なんて、なかなかないのかもしれませんが。

例えば、職場で嫌いな上司がいる場合、その人との関係はあんまり重要視しなくてもいいのではないかと思ってしまいがちですが、実際にはそういうこともないんです。
苦手な人との関係ほど、距離のとり方には十分に注意すべきです。
苦手意識を持っている人から反感を持たれたり、嫌われたりすると非常に面倒ですし、逆に、相手にとりいって好かれることができれば、仕事上でもいろいろとプラスになるかもしれません。

話を恋愛のことに戻しますが、とにかくせふれ関係を大事にしようと思ったら、もちろん相手に自分のことを好きになってもらうことがとりあえずの前提になります。
お互いのことを嫌っているのに、それでもうまくいくせふれ関係っていうのは、やっぱりなかなかないでしょう。
少なくとも私自身はそういう経験をしたことがありません。
自分が好きになってもらうためにはもちろん、自分が相手のことをよく理解しないといけないわけですが、例えば自分の長所と短所を相手がどのように判断するかというのは、実際にある程度付き合ってみるまでは分かりません。

自分の長所だと思っていたものが、みる人によっては短所になったり、例は少ないかもしれませんが、その逆の事態だって考えられます。
接し方を相手によって変えるということは重要かもしれませんね。
まるっきり変えることはなかなか難しいですし、それはさすがに大げさかもしれませんが、例えばある人から注意されたことがあるなら、少なくともその人の前では同じ失敗をしないように、同じことで注意されないように気をつけるというのは大事なことかもしれません。

自分の欠点を直すための第一歩って、つまりはそういうことかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

カテゴリー